書籍・雑誌

2009年9月10日 (木)

朝日新聞の小説で

朝日新聞の小説で
朝、珈琲を飲みながら束の間 新聞を広げる。 活字にほっとして情報を入れる。
今日から小説の新連載スタート。 えっ? 主人公が「さよ」
川上弘美さんの連載小説「七夜物語」 小4の女の子「さよ」が、異次元への入り口を見つけ、新しい出会いと体験を通して少女へと成長していく物語。
第一回‥ ふむふむ‥ なんだか楽しみ。 川上さんに料理され「さよ」 はどうなっていくのだろう。 自分と重ねて読んでみよう。朝日の方はご一緒に。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年11月28日 (金)

面白い!フリドラ男

面白い!フリドラ男
倉田真由美の 週刊朝日での連載、女心が凍えて乾く"フリドラ男" って すごく面白い! 毎週 ここから見てしまう。 「生まれ変わったら誰になりたいか」で その人の本質的なものが 垣間見える気がする、という。 飲み会で 女性たちの意見は 分かりやすい美人だったり 見た目が選択基準になっているのに対し 男性は 松坂大輔や松井秀喜、羽生善治など 「才能」 だったと‥。 アンアンの"好きな男"ランキング上位者を挙げる男は 現世、見込みないな、と。 生まれ変わっても オレがいいというのは 大当たりか、大当はずれのどっちか、とか‥。はははは☆ 面白い! 毎週 色んなフリドラが出る。 倉田真由美のエッセイって 好き。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月19日 (水)

digimaga

digimaga
デジマガ。 マツモトキヨシの小冊子。 月刊誌で無料。 読み応え充分。 11月の記事は 彩りの歳時記 セルフハンドケア 乾燥肌ケア スクワレン 簡単レシピ 使い捨てカイロの使用法 乾燥対策 メイクについて ウーマンズカルテ 心理テスト 恋するドルチェ 谷原章介インタビュー 星占い‥。 そうです。 ワタクシ情報紙が大好き♪ 駅やお店などに 置いてあるもの 満遍なくみて情報をひろいます♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月18日 (火)

本屋さんで戴く嬉しいもの。

本屋さんで戴く嬉しいもの。
よく行く本屋さんで 本を買った時、レジのところに置いてあり 必ず戴いてくる。 定価も記されているので、最初は購入するつもりで 一緒に出したところ "どうぞ" と言って 袋に入れてくれた。 ウレシい! インタビューとか 対談とか すごく面白いのだ。 それに新刊情報。 楽しみにしている。 発行所は株式会社トーハン。 領価160円。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月 5日 (金)

「わたしのワンピース」

「わたしのワンピース」
まっしろなきれが 空からおちてきて ミシンでワンピースを カタカタつくる。 おはなばたけを お散歩すると ワンピースが はなもようになっちゃった☆ 雨のなかを歩くと ワンピースが みずたまもようになっちゃった☆ くさのみの香りを楽しんでいると ワンピースが くさのみもようになっちゃった☆ ことりがくさのみを食べにくると ワンピースが ことりのもようになっちゃった☆ 飛んじゃったら にじのもようのワンピースになっちゃった☆ ゆうやけもよう☆ 夜空を飛んで 星のもよう☆ おひさま おはようって とっても可愛い◎ リズムもあって 詩のような文章。 絵がきれいで 特に女の子は みんな大好きな絵本☆ 男の子もにこにこ☆ 第一刷発行が 1969年で 今も大人気というのが すごい。 。。。(絵と文 にしまきか
やこ こぐま社)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月26日 (火)

柴門ふみSELECTION

柴門ふみSELECTION
▽ふしだらな灰かぶりたち ▽少女以上 少年未満 ▽結婚オペレーション ▽さっきまでパパがいた ▽さよならABC ▽さらば愛しきペテン師 ▽ナキナガラ トライアングル ▽紫陽花は悲しくなんかない ▽たけくらべ ▽野望の女 ▽コップの中のわずかな反乱

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月12日 (火)

いちご新聞♪

いちご新聞♪
サンリオショップを 見ていたら、レジのところに♪☆♪☆♪ なつかしいのと かわいいので すぐに♪ うきうき‥で、1月号だけあと 残っていたので。 ふろくが豪華。 1月号のふろくが これ、ルージュペン♪ 8月号のふろくは となりの キティ☆bigボールペン♪ 210円だよ! かわいいっ◎◎

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 8日 (金)

『泣く大人』

『泣く大人』
連日 夜は音楽関係の会議、昼は保育なので 今週は疲れました。 そうすると 飢えてくるのが"活字" 久々に ブックオフに寄ってみました。 図書館や本屋さんは、どうして こうワクワクするのでしょう。 夕方ぼーっと 一時間。 そして今回のチョイスは、この3冊でした。 ほとんど新しいのに この値段でいいの!? (3冊で¥315) 。。。。。江國香織「泣く大人」 「泳ぐのに、安全でも適切でもありません」 柴門ふみ「ブックエンド」 江國さんの、繊細で切ない表現が大好き。 柴門作品は 殆ど読んでいたと思ってたのだけど、発見! これから たのしみます。 読んだら まわすね〜。

| | コメント (3) | トラックバック (0)